エントリーする

[Message02]教育担当として人を育てる。
そのためのノウハウを、ただいま猛勉強中。

[Message02]

教育担当として、人を育てる。
その先には、お客様の満足度アップという目標があります。

小林由佳
2014年入社 愛知学院大学出身
営業サポート部 店舗教育課 主任

どうすれば、しっかりと伝えられるか。
そのためのノウハウを猛勉強中。

お客様に心地よくお買い物をしていただくために、各店に大勢いるパートさんを指導する役割の「*チェッカートレーナー」を育てることが私のメインの仕事です。
各エリアで延べ3日間、テキストをもとにした講義やケーススタディを通して、最善の接客方法などを伝えています。

入社以来、店舗で販売を担当していたため、数十名の前で話をするというのは初めての経験。内容はもちろん、声の出し方まで先輩をお手本にして勉強中です。
話をする相手が変われば反応も違うため、空気を読みながら進めていく技術を磨くのが現在の目標。受講者の報告書に目を通し、しっかりと伝えられたかを確認するステップは欠かせないものになっています。

*チェッカートレーナー:店舗におけるレジ対応を指導する立場の担当

地域のお客様の暮らしを
サポートしたい。
その思いを叶えるために、この道へ。

生まれ育った地域が大好きで、ここに暮らすお客様の役に立ちたいと思ったのがDCMカーマに入社を決めた一番の理由です。
暮らしの中で困りごとがあれば、解決するためのお手伝いができ、さらに新商品をご紹介するなど新たな提案ができることも、この仕事に惹かれたポイントです。

また、活躍できるフィールドがたくさんあることも大きな魅力。店舗でも、いま私がいる本社内でも、知識やスキルを身に付ければ、それを活かすための場は数多く用意されています。

手づくりの動画が、お客様の笑顔につながる。
それが私のやりがい。

私たちにとって挨拶の仕方や接客の方法は、基本中の基本。
それだけ大切なものであるからこそ、全ての社員やパートさんに十分知ってもらい、店舗で実践してほしいと考えました。
そのために取り組んでいるのが教育用の動画作成。シナリオ、撮影、編集、ときには演技までを私たち自身で行い、完成した動画は全店舗で見ることができるようにしています。

毎月1本ずつつくる作業は決して簡単なことではありません。
でも、新しいパートさんもベテランのパートさんも同じように挨拶ができ、お客様に心地よくお買い物をしていただければ、と考えたら小さな苦労は大きなやりがいに変わります。

伝えたことを売場で実践。
その姿を見ることが何よりの喜び。

教育という役割を担当して良かったと実感できるのは、受講したことを実践している場に出会ったとき。「チェッカートレーナー」が自ら指導している姿を見るとうれしくなります。

その一方、間違った形で伝わらないように、課内でのミーティングでは意見を出し合い、講義内容をブラッシュアップする取り組みを続けています。

めざすのは、顧客満足度を高めるために、
みんなが同じ方向を向くこと。

店舗にいたときは、私が接客したお客様の数だけ、暮らしを豊かにできると考えて仕事をしていました。
そしていま、教育を担当するようになり、私の伝えたことが「チェッカートレーナー」から多くのパートさんへと広がり、その先にいる数多くのお客様を快適にしていけるというスケールの大きさを感じています。

そうした環境にいるからこそ、正しい挨拶や接客の必要性を改めて伝え、全員が同じ方向を向いて顧客満足度を高めていけるように意識付けをしたいと考えています。

就活生のあなたへのメッセージ 就活生のあなたへのメッセージ

就活とは、社会人としてのスタートラインを決める活動。これほど多くの企業を知ることができる機会はいましかありません。
その中から、将来輝いている自分をイメージできる企業を選び抜いてください。
もしDCMカーマでそんな自分をイメージできたら、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしています。

一覧へ戻る

PAGE TOP