エントリーする

[Message03]段取りすること、それは仕事の準備を万全にすること。チーフとして最も大切にしているアクションです。

[Message04]

チーフとして新たなチャレンジを。
先を見据えた計画は成功への秘訣。

長谷川 一斗
2015年入社 名古屋商科大学出身
名古屋黄金店 チーフ

周辺の環境に合った商品提案を、
スタッフと一緒に実践。

2018年3月、チーフに昇格しそれまで勤務していた21熱田店から現在の店舗に、異動してきました。
21熱田店とは周辺環境が大きく違い、ご高齢の方や近くの大規模団地にお住まいのご家族が揃ってご来店いただくケースが多く、トイレットペーパーなどの消耗品が売れ筋商品に。冬は湯たんぽも人気を集めています。

チーフとして取り組んでいるのは、担当している家具・家電の売場づくりをパートさんと一緒に進め、結果を出すこと。
時には1週間ごとに新たなレイアウトを形にして、商品提案をしています。

いろいろな場所で挑戦できること、
それが私にとって大きな魅力に。

ホームセンターが扱っている商品の中には、自分自身が暮らしの中で触れることのないものも含まれています。
そうしたものとの出会いを通して、様々な知識が増えることに面白みを感じました。

また、DCMホールディングスにはDCMカーマ以外にもホームセンターを運営する事業会社があるので、出向などによって様々なステージで働くことができます。
挑戦することが大好きな私には、絶好の環境だと思いました。

自分で考え、みんなでヒット企画を形に。
それが何よりのやりがい。

あまり注目を集めることのない商品でも、お客様への提案方法がよければ、一気にヒット商品へと駆け上がることがあります。

吸水性がよく、洗う手間も省ける珪藻土バスマットがその一例。
レジの近くに脱衣場仕立ての売場をつくり、珪藻土バスマットとそのメリットを分かりやすく紹介したPOPを置きました。

夏場であったためサーキュレーターも一緒に陳列。
お風呂上がりを快適にするための商品提案は好評を博し、全店舗で売上トップを記録するとともに、相乗効果でサーキュレーターも人気を集めました。

いまを知り、先を見据えた段取りを。
それが仕事を成功に導く秘訣。

チーフとして仕事をするうえで、重要視しているものに「段取り」があります。
明日何をやるべきか。1週間後、今月、今シーズンはどうか。
先を見据え、必要な手筈を整えてこそ、仕事がスムーズに運ぶからです。

また、先々の段取りを整えるためには「いま」を知らなければ、間違った判断をする恐れがあります。
そのため、私は引き継ぎノートをつくり、それさえ読めば売場やスタッフの現状が把握できるようにしました。

自分が動くのではなく、スタッフがいかにムダなく動ける環境をつくることができるか。
それが完璧にできたとき、チーフとしての成功体験が待っていると思います。

多くの知識を手にしたい。
仕事のヒントがそこに隠れているから。

キッチンやバス、洗面所など水廻りのリフォームは需要が大きく伸び、店舗内でも多くの受注があります。
1件あたりの売上金額が大きいため、できるだけ多くの情報を集め、販売ノウハウを覚えたいと考えています。

また、担当以外の商品知識を覚えるのも私の課題。
家具や家電の売場づくりに関連商品として活かせれば、相乗効果が狙えます。

こうした経験を積みながら、副店長というポジションをめざすのが現在の目標。
3年後の達成をめざし、挑戦したいと思っています。

就活生のあなたへのメッセージ 就活生のあなたへのメッセージ

どれだけ人のために動くことができるか。そして、どれだけまわりの人を活かせるか。
お客様と直に接する仕事をしていくうえでは、どちらも重要な視点です。
共通しているのは、自分自身のフットワークを良くしておかないと達成できない目標であること。
チャレンジを怖がらず、苦手なことにもぜひトライしてください。

一覧へ戻る

PAGE TOP