エントリーする

[Message04]チームワークを固めて、みんなを一つに。コミュニケーション力が、新米副店長の最大の強みです。

[Message04]

チームワークを固めて、みんなを一つに。
コミュニケーション力が、
新米副店長の最大の強みです。

吉田 真未
2007年入社 名古屋女子大学出身
高浜店 副店長

人、お金、商品の管理を確実に。
それがいまのミッション。

副店長としての経験が浅いため、いまはやるべきことを覚え、実践していくことに注力しています。
私自身に与えている役割は、人の管理、お金の管理、そして商品管理の三つ。中でも、パートさんの配置や接客方法のチェックなど人の動きに目を配るのは、お客様を相手にする私たちにとって最も大切なことのため、ひときわ気を遣っています。

時には注意をしなければならないケースもありますが、そんなとき役立つのは持ち前のコミュニケーション力。楽しい職場にしたい、という思いをみんなで共有しながら、地域の方々が快適にお買い物できる店舗にしていきたいと思っています。

ホームセンターで出会った楽しい時間。
それがこの仕事を選んだきっかけ。

子どもの頃、家族で出かけたホームセンターでのお買い物はとても楽しい時間でした。
数えきれないほど商品が並んだ売場は圧巻。

大学時代にDCMカーマでアルバイトをしたのは、その思い出がしっかりと心に残っていたからです。
アルバイトとして実際に働いて実感したのはチームワークの良さ。

売場に携わる全員で一つのことに取り組む姿にとても好感が持てました。
もちろん、入社した後もその印象は変わっていません。

お客様に感謝される喜びを、みんなが手にできること。
それも副店長の仕事。

現在の店舗に着任するまでは、本社でパートさんや新入社員の教育を担当していました。
お客様と直に接するのは3年半ぶり。そのため、ご案内したり、商品選びのお手伝いをしたりして「ありがとう」と言っていただくと、やりがいを感じるとともに初心に返ることができます。

この気持ちを、店舗にいる30人全員が実感できるように一人ひとりを導いていくのも、副店長の仕事だと思っています。

判断する難しさを痛感。
解決方法は、キャリアを重ねること。

店舗全体を店長とともに管理する立場になって実感しているのは、判断をする難しさ。
自分のモノサシで答えは出せるのですが、それが店舗にとって、さらには会社にとって正しいのかは、多くの知識と経験が必要だと痛感しています。

パートさんに問われて指示を出した後でも、どこか腑に落ちないのであれば店長に相談したうえで改めて答えを伝えています。
私自身の課題をクリアするには、キャリアを積むことが一番の近道だと考えています。

チームワークを育てるのは、
日々のコミュニケーションの積み重ね。

現在の目標は、まず副店長として1年の動きを経験し、そのうえで人、お金、商品管理をしっかりとこなすこと。
まずは店長と一緒に動き、ノウハウを身に付けていきたいと思っています。

また、パートさんを含めたスタッフとのコミュニケーションも大切にしたいこと。
食事時間を一緒に過ごすなど、小さなアクションもチームワークをより強固にしていくきっかけになると考えています。

就活生のあなたへのメッセージ 就活生のあなたへのメッセージ

人と接すること、そしてコミュニケーションをとることが好きな人にとって最適な仕事、それが小売業だと思います。
お客様の毎日をより良くしていくためには、自分自身の経験や、蓄積した知識が必ず役に立ちため、学びや遊びを通して様々な体験をして、自分の引き出しをたくさんつくってきてください。
また、やりたいことを持っている人には、DCMカーマはとても良い環境だと思います。仕事を楽しみながら、一緒に働きましょう。

一覧へ戻る

PAGE TOP