地域から探す 店舗ブランドから探す 働き方から探す

今すぐ応募する!

DCM カーマで働く私 パート編

「自分で考える」「いつも笑顔で」お客様から教えていただいた私の宝物です。 パート かおりさん 40代(女性)

家族の応援で働きに出ることに

短大出てすぐOLをしてました。20代後半で結婚して、高校生の長男と中学生の娘がいます。年齢は…まぁ、ぎりぎりアラフォーってことで!(笑)

ずっと専業主婦してたんですが、子供たちが手のかからない年齢になったことと、平日は部活や塾で家にいないことが多くて一人で家にいてもなんか煮詰まるっていうか…
思い切って働きに出ることにしました。

最初は家族に反対されるかな?と思ってたんですけど、「やってみなよ!」ってパパも子供たちも大賛成!タイミングよく近所にDCMカーマが新規オープンするのがわかって、パートに応募しました。

家事がひと段落してから子どもが帰ってくるまでの間、ちょっとした時間を利用して働けるのも、気に入って♪

でも運よく採用になってから急に不安になったんです!何しろ20年近く働いてないし、とにかくおっちょこちょいなんで、先輩や同僚、何よりお客さんを怒らせちゃうんじゃないか!って。
たしかに最初はまごつくことも多かったんですが、しっかりとした研修があり、こんな私でも指導員の方たちが分かるまで根気よく教えてくれたので、少しずつ働く感覚が戻ってきました。
しかも、新規オープンだから同僚たちも全員スタートラインは同じ。年も性別も違うけど、「みんな同期なんだ!」っていう一体感があって、
なんだか学生時代に戻ったみたい(笑)

オープン初日ですか?もちろん緊張しましたー!

パートといっても、いろいろ担当を任せられるんですが、最初はレジ専任。
チェッカートレーナーというベテランのパートから教わり、一通りの作業は覚えていたんですが、知らない商品もたくさんあるし、大きな物から小さい物まで、袋詰めもレジが責任を持って担当するので。その分やりがいがあるんですけどね!
なので、ちょっとシミュレーションをして心を落ち着かせてましたね。
店内は広いので、どこに何を売っているか聞かれることが多いと思い「あの商品はどこ、この商品はどこ!」って思い出していました。
そしたら本当に、開店直後に年配のおばあさんに売り場を聞かれて!なんとかスムーズに売り場までご案内したら、「あなた本当に笑顔が素敵ね!」と言われたんです。

きっと緊張で引きつり笑いしてたから、優しさで言っていただいたんだと思いますが、根が単純なんでいっぺんに嬉しくなってしまいました。
レジって、お客様と最後に触れ合える場所ですよね。
店舗の印象を左右する大事なポジションだからこそ、「自分で考える」「いつも笑顔で」他の人には当たり前のことかもしれませんが、お客様から教えていただいた私の宝物です。

最近、家族に、「ママ、DCMカーマで働きだしてから生き生きしてるよ。」「最近、笑ってることが多くなったね!」と嬉しそうに言われました。

それで初めて、「あー、だから働くの大賛成だったんだー!」と気がつきましたね!あはは。
ゆくゆくは、子育てが落ち着いてから、もっと勤務時間も長くて、オールマイティーな仕事を求められる売場専任になれたらな…なんて、気が早すぎですかね!?
でも、最初のきっかけが些細でも、こうやって目標が持てて、今はとっても充実しています!

DCM カーマで働く私 アルバイト編

「あっ私でもできるんじゃん!」が楽しくて★私も自信を持って、後輩をDCMカーマに誘うよ バイト アベちゃん 20代(女性)

大学1年の時にDCMカーマで働きだしました。
受験が終わるまで親からバイト禁止されてて…
DCMカーマは、もともとバイトしてる大学の先輩がいたんでその紹介です。
「ゼッタイ、アベちゃんに合ってるって!」て言われて、えーどこが?
って逆に興味が湧いたのを覚えてます。

最初の印象は、
「何これ、タイヘンじゃん!」

DCMカーマのことは知ってたけど、レジに入ってから、
「こんなにいろいろ売ってるんだ??」って。

スピードも求められるから、バッタバタで。
でも先輩とか、パートさんに教えてもらえるし、
困った時はみんなでフォローしあう感じが、なんか楽しくて。

「あっ、私でもできるんじゃん!」
って、学校とはまた違う緊張感と達成感が(笑)

あと、毎日のように来てくれる近所のおじいちゃんおばあちゃんが、覚えててくれたりとか。

「おはよー昨日は休みだったんかー!寂しかったよ。」

なんて言われると、お客様にもっと喜んでもらえるように頑張らなきゃ!って思うんですよね。…私、マジメじゃないですか??

そういえば父にも「おまえ、愛想と言葉遣いが良くなったな!」と驚かれてます。

そうか!だから先輩は私をDCMカーマに誘ったんだ!と聞いてみたら、
「えー、なんて言ったか覚えてなーい 」ってなんだそりゃー!
「でもDCMカーマでよかったでしょ?(^^)」 と笑顔で言われました。

うん、そうだね。私も自信を持って、後輩をDCMカーマに誘うよ!

DCM カーマで働く私 専任スタッフ編

「まだまだ働ける」、じゃなく、「もっと楽しく働ける」 専任スタッフ 真壁さん 60代(男性)

大手電気メーカーでずっと管理職をやってました。趣味が古い言い方すると、日曜大工で収納に便利なボックスや棚なんかを木工で作るのが好きで。
その頃からDCMカーマにはよく行ってたんです。

60を過ぎた頃、会社から早期退職プログラムが出たんですね。色々思うところはあったんですが、子供たちも独立してるし妻と二人ならなんとかやってけるかなと思って早期退職しました。
退職してから、「あれ?思ってたのと違うな?」と感じたんですよ。

想像してたのは、趣味の日曜大工に没頭して、たまに孫と遊ぶのんびりした生活。
でも私も含め今の60代ってそんなに枯れてないじゃないですか?(笑)そもそも、時間がありすぎて作るもんがなくなっちゃって。
そんな時、DCMカーマの専任スタッフ募集のお知らせを見て応募しました。

私の家のそばのDCMカーマには『みんなの工作室』と言って道具が揃ってて無料でお使いいただける、広い作業スペースがあるんですね。
主にそこのサポートをやってます。

園芸や資材、自転車なんかは、やっぱりある程度の専門知識が必要ですから、私のように場所固定で働く人が多いですよ。

壁に棚を作りたいなんて、私の最も得意な分野!
主婦の方や若いパパさんにアドバイスすると、それは喜んでいただけますね。
小学生の夏休みの工作を手伝うのも楽しいですし、何より前職の事務では味わえなかった、直接人の役に立つ実感が嬉しいですね!

ずっとそこにいるもんだから、たまに社員より詳しくなっちゃったりしてね。

「真壁さん、今度これをお願いしたいんですけど…」
なんて頼まれちゃうと、昔の血が騒いで「任せとけ!」って気がはっちゃって。
家で一人、淡々と趣味を極めるのもいいけれど、
こうやって若い人たちと、売場を盛り上げられるのなら…と、出勤が楽しみですね。

妻も、ずっと家にいられると、自分の時間が持てないみたいで。快く見送ってくれますよ(笑)
自分はまだまだ働ける!って競った感じじゃなくて、楽しく働いて良いんだって最近思ってます。

きっとあなたにぴったりな職種が見つかるよ!さあDCMカーマのお店で働こう!

今すぐ応募する!