活動報告

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラム

新着情報

バックナンバー

染めQスプレーを使った簡単アレンジ

  • 報告:DIY情報館
  • カテゴリー:活動報告

『もしこま情報局 女子部編』
第3回となる今回は
染めQスプレーを使った簡単アレンジ
に挑戦しました!

001染めQエアゾール

素材の奥まで粒子が浸透。
引っ張っても、ねじっても、割れたり剥がれたりしません。
素材の質感も変えず、まるで染めたような仕上がりに。

一部のカーマのお店でも販売中のこの商品。
お客様からのお問い合わせも多い、隠れた人気商品です♪


スニーカー、トートバッグ、めがねケース、植木鉢、自転車など・・・
参加メンバーが各自持ち寄ったアイテムを『染めQスプレー』を使用して、大変身させました!

アイテムごとにその大変身をご紹介します。
気になったアイテムは、ぜひ皆様もアレンジに挑戦してみてくださいね♪

さっそく染めQアレンジをスタート!の前に、事前準備を3つ。
①作業スペースの机・床の上に十分な広さの新聞紙またはブルーシートを敷く。
 ★満遍なくスプレーするために、広めに敷いてください。

②マスクを着用し、換気が十分できるようにする。
 ★スプレーを吸い込んでしまわないように。また、室内ではニオイが篭らないようにしっかりと換気をしてください。

③軍手やゴム手袋を着用する。
 ★色によって、手や爪に付いてしまうと落ちにくい場合があります。細かい部分の作業をする際はゴム手袋がおすすめ!

【アレンジその①】白いスニーカーをアレンジ!

<BEFORE>

002シンプルな白色のスニーカー。
素材は合成皮革です。

★スプレーをする前に靴紐は外します。
(靴紐を染めない場合も、養生がしやすくなり、色移りを防ぐことができます。)


0032
①外した靴紐をしっかりと伸ばし、表裏に満遍なくスプレーします。
0042
②色を付けない部分を養生テープもしくは新聞紙で養生した後、満遍なく黒色をスプレーします。
0052
③側面のライン部分にオレンジ色をスプレーします。(色を付けない部分はしっかり養生。)

<AFTER>
006白色のシンプルなスニーカを、
ポップでかっこいいスニーカーにアレンジしました!

全体的にスプレーの色がしっかりと入り、最初からこの色だったかのように綺麗に仕上がりました!

先に薄い色(オレンジ色)をスプレーしてから濃い色(黒色)をスプレーすると、より綺麗に色が入るようです。


【アレンジその②】黒いスニーカーをアレンジ!

<BEFORE>
008シンプルな黒色のスニーカー。
素材はキャンバス地です。

★こちらもスプレーをする前に靴紐ははずして下さい。


009①つま先、ソール、ロゴマーク部分を養生テープでしっかりと養生します。
★ソール部分、ロゴ部分はスプレーをした際に、特に液が入り込みやすいので、隙間のないようにしっかりと養生します。

②全体に満遍なく銀色をスプレーします。
★薄塗りを2~3往復すると、ムラがなく綺麗に色を乗せることができます。


<AFTER>
010黒色のシンプルなスニーカーを、
黒色×シルバーのロック調なスニーカーにアレンジしました!

生地の色が少し色褪せていた部分のカバーにもなり、
簡単な補修とアレンジの両方ができました!


【アレンジその③】トートバッグをアレンジ!

<BEFORE>
011無地のシンプルなトートバッグ。
素材はキャンバス地です。


012①色を付けない持ち手部分を養生します。
★白の布地に濃い色スプレーをする場合は、飛んでしまったスプレーでも色が付く場合があるので、しっかりと養生します。

②ボーダー状に色が付けられるように、トートバッグの上にクリアファイルを置いて養生します。

③ボーダーの位置を変え、赤色と青色を交互にスプレーします。
★生地によっては、スプレーが染みないようにバッグの中に新聞などで下敷きを入れてください。



<AFTER>
013無地のシンプルなトートバッグを
トリコロールカラーのオシャレなバッグにアレンジしました♪

色が滲まないように、養生のクリアファイルを両面テープでしっかりと固定すると、色の境目がより綺麗になります。


【アレンジその④】トートバッグをアレンジ

<BEFORE>
014ロゴプリントの入ったトートバッグ。
素材はキャンバス地です。


01530163持ち手をテープで養生した後、表面のロゴの上から黄色をスプレーしてみたところ・・・

ロゴプリント部分は完全に染まり切らず、黄色の下に残った状態に。

プリントに塗り重ねる場合は、プリント部分より濃い色のスプレーがおすすめ。


<AFTER>
017シンプルな白色から、
裏面に大きなハートを入れたポップなトートバッグにアレンジしました!

ハートの部分は、クリアファイルで作った型抜きの上からスプレーをしました。


【アレンジその⑤】メガネケースをアレンジ

<BEFORE>
018無地で水色のメガネケース。
素材は合成皮革です。

★平面の形で、ラインや柄を入れる場合でもスプレーしやすいアイテム。


019①ラインを入れる部分をテープで養生します。
★養生テープは様々な幅のものがありますので、アイテムやデザインに合わせて選ぶのがおすすめです。

②養生テープの上から全体に紺色をスプレーします。
★薄塗りを2~3往復すると、ムラがなく綺麗に色を乗せることができます。

③紺色が乾いたらテープを剥がし、ライン部分に黄色をスプレーします。(ライン部分の周囲はテープで養生します。)

<AFTER>
020無地のメガネケースを
ラインの入ったクールなメガネケースにアレンジしました!


【アレンジその⑥】植木鉢をアレンジ

<BEFORE>
021落ち着いた白色の植木鉢。(画像右)
素材は陶器です。


022①色を付けない部分・色を変える部分をテープで養生します。

②養生テープの上から全体に水色をスプレーします。

③乾いた後、水色の部分をテープで養生し、青色をスプレーします。
★つるつるした陶器の表面はスプレーが流れやすいため、
  「薄塗り→乾燥→薄塗り」を繰り返すと綺麗に色が乗ります。



<AFTER>
023落ち着いた白色の植木鉢を
爽やかなブルーの植木鉢にアレンジしました♪

最近人気のハイドロカルチャーの植物を自分らしく飾るのにおすすめのアレンジです。


【アレンジその⑦】自転車をアレンジ

<BEFORE>
024今回の企画で一番の挑戦でもあった『自転車』。
染める部分も一番多い自転車には、参加メンバー6人
全員で悪戦苦闘しながら取り掛かりました。


025①ブルーシートを敷き、全体の養生からスタート。
新聞紙とガムテープを使用して、タイヤやペダルなど、色を付けない部分を養生します。


030②ハンドルや荷台など、スプレーをする鉄部のサビをヤスリを掛けて落とします。

★鉄部にスプレー塗料で色を付ける際には、このひと手間がポイント。ムラが無くなり、綺麗に仕上げることができます。


027③全体の養生とサビ落としを終えて、いよいよ色づけ開始。
 
鉄部にスプレーをしていきますが、液垂れの跡が・・・。
その理由は、「染めQエアゾール」の適正素材が ”染み込む素材” だからです。

鉄のように染み込まない材質(アレンジその⑥の陶器なども)は相性の良い素材ではありません。


026自転車のような鉄部に最適なスプレー塗料が
『ラッカースプレー』です。
カーマのお店でも、豊富な色のラッカースプレーを取り揃えています。

④染めQエアゾールから、ラッカースプレーに
 変更して、色づけを再開。

★「薄塗り→乾燥→薄塗り」を繰り返すと綺麗に色が乗ります。


<AFTER>
028赤色とシルバーのクールな自転車を
白ベースにピンクのラインが入った女性らしい自転車にアレンジしました♪

自転車は少し大掛かりなアレンジになりますが、「何か自分だけのオリジナルアイテムを作ってみたい!」という方にぜひチャレンジして頂きたいアイテムです♪


【染めQアレンジアイテム集合】

029今回の
『染めQスプレーを使った簡単アレンジ』
いかがだったでしょうか?

女性の方はもちろん、親子でもぜひチャレンジしてみて
くださいね!


Page TOP