NEWS

  • HOME
  •  » FLOWER
  •  » サギ草【サギソウ】

サギ草【サギソウ】

  • 特徴 江戸時代の始めごろまでは、各地の湿原に自生していたが、現在では、絶滅危惧種とされている植物で、花の形が鳥のサギに似ていることから、この名前がつけられています。
  • 用途 山野草
  • 性質 多年草(球根)
  • 草丈 30cm~
  • 置き場所 ☑ 日なた ☐ 半日陰 ☐ 日陰
  • 水やり ☑ 多め  ☐ 普通  ☐ 控えめ
  • ※湿地性ですから、水を切らさない様にして下さい。


管理方法

・花の終わった後、ハイポネックスなどのごく薄い液肥を半月おきに3回与えます。
・発芽直前の2月〜3月上旬に植えます。深植えを嫌いますから、平鉢や浅めの山草鉢を使い、5cmほどの深さに用土(ミズゴケ)を入れて植えます。
・毎年、発芽前に植え替えて下さい。ミズゴケ、ケト土も使えます。


開花期

1 2 3 4 5 6   9 10 11 12


Page TOP